パソコンの前に座り、止まることなく動いているマーケットを目を向けていると直ちに注文をするという抑えようの無い感情が沸き起こる状況も少なくありません。

 

だがしかし、漠然とした勘でトレードするのだけは、決してしてはいけません。

 

ご存知の通り、マーケットは24時間、常にいずれかのマーケットは開かれているし為替レートもどういう時でも変動している。

 

しかしながら、何回もトレードを繰り返しているとその回数分だけ損失が生じるリスクが上がってしまいます。

 

当然、注文の回数を経験することによって、だんだんと勝つ可能性が五分五分になるのは事実です。

 

けれどもこの事実は「漠然とした感覚で売買」とは別の話だ。

 

取引回数を積む意味というのは、自分で「ここはいける」と思えるチャンスを得た場面でのトレード回数を積み重ねるという意味である。

 

特段の理由も無く、のべつ幕なし売買を経験するのとは明確に違います。

 

マーケットの勝負に臨むには、自ずから考えて緩急をつけることこそが肝心です。

 

「ここは勝てる」と思えた相場の時には所持ポジションを増やして意識して利益を追求する。

 

「だいぶ分かりにくい市場でどう推移するのか読めないな」と思った時は、諦めて所有ポジションをひとつ残さず見切りをつけて何もせず静観します。

 

それくらいの緩急をつけた方が最後にエントリーはうまくいきます。

 

為替相場の名言には「休むも相場」というものがある。

 

本当にその通りだと思います。

 

為替取引とはいかなる時でもポジションを所持する事が大事ではなく、どのポジションも保持せず待っている事も、外国為替相場です。

 

そうであるならば、どの場面で、休む必要があるのでしょうか。

 

第1に考えられるのが、前述したように、これからの為替相場が明確によく見えない時。

 

現状から上がるのか下がるのか明確でない時は考え無しで行動すると、自分で作り上げた台本とは違った方向に外国為替相場が推移してしまい、損失を被る事になります。

 

だから、こういった場合はポジションを減らして、何もしないで様子をみるのがいいと思います。

 

次に、体の調子が悪いときです。

 

健康状態とマーケットに関係がない思う投資家もいるでしょうが実は意外と影響します。

 

体の状態が思わしくなければ為替相場の大少な局面で冷静な決断を下すことができなくなります。

 

気乗りがしない時は、FXから離れてみるのも重要な事です。

 


関連記事

パソコンの前に座り、止まることなく動いているマーケットを目を向けていると直ちに注...
テスト
テスト記事です。...